格安SIMをiPhoneで使いたい人がいる

そもそもSIMとは、docomoでは、UIMカードauではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれている小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

一般的には帯域が太い場合には、アクセスが増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、しっかりとした設備であれば、安定したデータ処理ができるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、料金だけでなくサービス品質も考慮してMVNOを選択した方が良いことが分かります。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

ドコモの回線を使用している業者であればそのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

しかし、softbankやauのものはそのまま利用することはできません。

そのような方は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

格安SIMが使えれば、携帯代の削減ができます。

au等ですと月額6000円以上もかかる通信費ですが、MVNOだと月々1000円という費用になることも。

いったん、確認してみてもいいのではないでしょうか。

データ通信が安くできる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

格安SIMや格安スマホを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

よって、製品スペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

しかし、実際の通信速度を調べてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

どの事業者も同一のドコモ回線を使っているのにこの通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、回線の帯域である太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「回線の帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

通常のスマホや携帯電話網に接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMのサービスを利用することができます。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIMがよくわからない人や、メインで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、こうした大手通信会社が手がけるSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

おすすめサイト⇒格安SIM かけ放題 無制限

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です